シャンパンタワーの法則

ご存じですか?

 

シャンパンタワーの法則】

「シャンパンタワーの法則 イラスト」の画像検索結果

 

 

昨年9月から

神親ナビゲーター・やまだともこさんの

神親ナビ初級を受講しました

現在は

神親ナビ中級を受講中です

 

joyfullifedesign.jp

その講座の中で

初めて知った言葉・法則です

 

世の中のママたちは

1段目の自分のグラスをいつも空っぽにしたまま

2段目以降のグラスを満たそうとしている

でも

1段目のグラスが満たされていないと

2段目以降も満たされることはない

 

だからまずはママが満たされよう

ママが満たされると自然と家族が、周囲が満たされる

 

講座の中でのともちゃん(やまだともこさん)の言葉です

 

 

初級の受講期間中に

次女を出産したので

生活もガラリと変わり

なかなか受講での学びを活かせないなぁ

とどんよりしていました

 

それは当然のことで

講座でも

 

学んだのに実生活に生かせない理由

・体力に余裕がない(身体的不調)

・時間に余裕がない

・精神的に余裕がない

 

 

ということを教えていただきました

 

産後のホルモンバランスの影響

細切れの睡眠

 

などなどまさに上記の余裕がない状態では学びは活かせなかったのです

 

それが

次女が3か月になり

授乳間隔も落ち着き

睡眠時間もまとまってきたことで

余裕が生まれてきて

学びを実践しやすい環境

つまり余裕が少しずつ持てるようになってきました

 

そして始まった神親ナビ中級

ご機嫌を選べる自分になりたい

と目標を掲げました

 

ご機嫌を選べる自分って

何をしたらご機嫌を選んでいることになるの?

 

ここが抜け落ちていました

 

・一人でカフェに行く

・休日の昼食は作りたいときだけ作る

・横になる

 

いくつか具体的なゴールを設定しました

毎回すべてがクリアされなくてもいいんです

どれか一つ達成されれば

「わたし、できた!」

シャンパンタワーの1段目にシャンパンが注がれます

 

こういう小さなことの積み重ねで

日々のイライラ・モヤモヤが

自分の率直な思いへの気づきとなり

自分と

家族と

周囲の人と

コミュニケーションをうまくとることができるようになるなぁと

しみじみ感じています

 

実際、

一人でカフェへ行って

また家族でカフェを楽しんでみて

日に日に心が軽くなっています

そして

お母さんはこうしたかったのー

疲れたなー

眠いなー

ちょっとお願いしたいよー

と自分の気持ちに気づけ

それを言葉にすることで家族も気づいて助けてくれるようになりました

 

シャンパンタワーの法則を実感しています

 

 

頑張っているママ

まずはママが一番大切です

ママは何をしたらご機嫌になりますか?

何があると嬉しくなりますか?

ママのために

家族のために

社会のために

ママのグラスを満たすことを優先していいんですよ

 

そう自分にも言い聞かせて。。。

大切にしたいもの

コロナが始まってから

 

厳密に言うとその前

パワハラな上司と

その上司のせいで精神的に追い込まれた後輩ちゃんと

わたしの3人で仕事を回していた2年半ほど前からかな

 

自分と向き合うことがとても増えました

 

そして

最近のよく出てくるキーワード

 

大切にしたいもの

 

それはなぜ?

そのためにはどうしたらよい?

 

 

 自分と向き合い始めてすぐのころ

自分が何をしたいのか

自分には何ができるのか

自分の好きなもの・ことは何なのか

自分とは何だろう

自分のことがとにかく分からなかったのです

 

もともと自分の好みというものがあまりなかったわたし

 

妊娠・出産・育児の中で

我慢することが日常

 

食べ物だって

何を食べたいか

ではなく

何ならば食べてよいか

何ならば子どもと分けられるか

何ならば子どもに「お母さんだけずるいー」と言われないか

家でもお店でもそれが判断基準

 

トイレだって

あれとこれとこれをして

持っていくついでにトイレに行こう

とそれまで少し我慢

 

寝る時間だって

わたしは眠いけれど

子どもたちはまだまだ就寝準備ができてないし

家事も残ってるし

子どもたちが寝るときに一緒に寝よう

 

子どもを連れて

ここには行けない

これはできない

 

子どもの生活リズムが優先

 

なんてなんてことをしていると

自分の気持ちが見えない

 

好きにしていいよって言われると

 

好きなように・・・ってない。。。

誰か決めて~

 

となっていました

 

 

パワハラな上司のもとにいると

本当に自分に自信が持てなくて

追い込まれた後輩ちゃんもそうだったけれど

「どうしたらいいですか?」

ってとにかく聞いてしまう

「あなたがどうしたいかで決めてくれたらいいよ」

って言われると

上司がうなづくであろう答えを選ぶ

上司が納得すれば正解

「わたしだったら・・」「なぜそうしたの?」

と返ってきたら不正解

そこには自分の意志はない

上司の機嫌を損ねないように

不正解を言い渡されないようにしているだけです

 

最近

あなたの夢は?

あなたの好きなことは?

あなたができることは?

あなたの強みは?

あなたの大切なものは?

に答えられることが出来てきました

答えの数を増やせるようになってきました

 

もっと具体的で

もっと何かの役に立つ内容がいい

とは思っていますが

完璧でなくてよい

まずは発信

の気持ちで取り組んでいます

 

大切にしたいもの

家族との時間

自分の時間

夫婦の時間

子どもとの時間

子どもの成長を味わうこと

安定した収入

暮らしやすい整った家

人の役に立っているという実感

 

それはなぜ?

自分が選んだ・自分を選んでくれた夫と共に作った家族と過ごしたい

選んでよかったと感じたい

この家庭を築く一員になれてよかったと思いたい

自分にご褒美をあげたい

自分の好き・やりたい・ほしいを覚えておくため

夫といつまでも仲良く過ごしたい

夫とたくさん話したい

夫が好きだから

子どもの成長はあっという間だと痛感した

そしてあっという間過ぎて記憶が追い付いていないと改めて感じた

今しかない子どもの姿をすぐそばで見守りたい

子どもに頼ってもらえる親でありたい

子どもに頼れる親でもありたい

尊敬関係で結ばれた親子になりたい

それがお互いの自己実現につながると思うから

お金があれば我慢することが減る

お金の心配があると落ち着かない、不安になる

あって困るものではない

これをしたい、と思ったときにすぐに行動したい

家が整っているとストレスが減ると思う

家でのびのびと過ごしたい

探し物はなくしたい

家族一人ひとりが自分の持ち物を管理できるようにしたい

「お母さん、あれどこ?」で時間をとられたくない

実感がほしい

役に立っているかどうかわからないと不安

押し付けになっていないか

自分一人が、自分の家族だけが幸せでは楽しくない

幸せな人と一緒に過ごしたい

だから人の役に立って幸せを感じられる人を増やしたい

そして自分も幸せになりたい

 

 

そのために何をするのか

1年間の育休後、復職するのか

育休の今、起業など他の仕事を選び、退職をするのか

 

いつ復帰する?

期待してくださっている方々

本当に感謝しかありません

わたしに期待を寄せてくださってありがとうございます

 

復帰しなかったら

退職したら

がっかりはするでしょう

怒りが沸くかもしれません

 

でも

わたしがいなくても何とかなるのが組織

それは頭で分かってる

わたしのブレーキは職場との関わりの中にあるのかな

重ね煮アカデミー

こんにちは。

namipu3です。

 

 

この度、

重ね煮アカデミー小田原教室 菜の花

のオンライン養生科を受講することに決めました。

 

 

重ね煮健康料理とは、、

陰陽の食材を切って重ねて水を入れて火にかけるだけで

中庸=陰陽のバランスのとれた料理を指します。

(体験会でお教えいただいたことをわたしなりにまとめたので

正しくは『重ね煮アカデミー』で検索して

おしりください)

 

人間の身体は「中庸」の状態が一番健康なのだそう。

 

 

重ね煮アカデミー代表  田島 恵さんを中心に

認定師範の資格を取得された方々が

「台所は薬箱」

をモットーにママに広めようと活動されています。

その中でわたしが受講するのは

アトピーはおうちごはんで改善できる!」

と謳っておられる譲原 聖子さんのオンライン養生科です。

 

実は10月に出産した2か月になる次女は

生後間もないころから手首・足首がかさついているようでした。

そして乳児湿疹の多さ

治ってはまた出来るの繰り返し

これも生後すぐからの便秘(3日に1回が当たり前)

 

どれも長女・長男のときには経験しなかったことです。

手首・足首のかさつきは保湿剤を塗ると改善しましたが

顔に出る湿疹や乾燥はその日その時で変化が大きく

赤ちゃんならではのツルツルのお肌であることが少ないのです。

 

わたし自身もアトピー性皮膚炎。

今でこそあってないようなもののようですが

季節によってはかゆくなりなかなか治らないこともよくあります。

花粉症でもあります。

夫も

花粉症、かに・ピーマンアレルギー、喘息・・・

と夫婦そろってのアレルギー体質。

次女にアトピーの症状が出ても全く不思議ではないのです。

 

重ね煮アカデミーそのものは

数年前からメルマガ登録をして「なんちゃって重ね煮」に挑戦していました。

 

次女の様子に

これはやはり学んだ方が良いな

と思い

先日、譲原さんのオンライン体験会に参加しました。

譲原さんもご自身のアレルギー体質

そしてお子さんのアトピー症状に悩んでおられていたそうですが

重ね煮を取り入れることで

大きく改善しておられるのです。

 

自分と同じように悩むお母さんの助けになりたい

重ね煮が当たり前の世の中にしたい

 

そんな熱い思いをもっておられる譲原さんのお話を聞いて

今こそ受講するタイミングなのでは

と感じました。

 

また

重ね煮は油や砂糖は最小限にしか利用しません。

お菓子や外食ともうまく付き合える身体の声が自然と聞けるようになる

という点もわたしにとっては魅力的でした。

 

長男は

生後数か月から鼻水がずっと出ていて

副鼻腔炎であることが常。

今でこそ季節の変わり目にしか鼻水は出ませんが

基本的に鼻水が詰まっているようです。

そんな彼はお菓子や菓子パンが大大大好き!

「だめ!」

と言おうものなら

逆に何が何でも食べようとします(^^;

わたしも出来れば禁止にはしたくない!

 

それが自然とうまく付き合えるようになるならば!!

 

自然と

というところがポイントです。

 

そんな訳で

2月より

重ね煮アカデミー 小田原教室菜の花

オンライン養生科の受講を決めたのでした。

ご興味ある方は

「重ね煮アカデミー」

で検索してみてください。

ニーズにあった重ね煮教室を開いておられる認定師範の方がおられます。

Facebookやインスタグラムでも

体験会などの募集をしておられますよ!

megu-kasaneni.com

nanohana-seico.com

 

新年の抱負

あけましておめでとうございます。

あっという間に令和3年になりました。

次女が生まれてから

毎日あっという間です。

 

さて

新年になったので

新年初投稿は抱負を掲げます。

 

①「あとで、あとで」と物事を先延ばしにせず

 思ったときにすぐに行動する

  *まずは声に出す、言葉にする

 

②必要なものを必要なときに必要な分だけ手に入れる

  *「○○割引」「期間限定」などの言葉には振り回されない

  *断捨離を進める

 

③自分のことは自分で決める

  *困ったときの相談はする

   でも最終判断を行うのは自分であることを意識する

 

 

これまでは新年の抱負をあまり考えたことはありませんでした。

初詣に行っても

家族が笑顔で健康に過ごせますように

と漠然とした神頼み。

でも今年は具体的に。

「○○します」と決意表明でした。

 

今年はブログを最低2週間に1回更新をします!

1/2に投稿したので次回は1/16!

更新できてなかったら

できてないぞー!

とお声かけください。

 

それでは皆さん

楽しいお正月をお過ごしください。

 

 

namipu3

第一次感情

「怒り」

とは第二次感情である。

 

「怒り」の前に

「寂しい」「悲しい」「不安」「疲れた」「がっかりした」などの

第一感情があり

その第一次感情を隠すように

0.5秒~数秒の間に「怒り」に変わっている。

 

 

9月下旬より

元おこりんぼ母さん・神親ナビゲーターのやまだともこさんが開講しておられる

神親初級・1期を受講しております。

 

上記の内容はその講座のDAY3で学んだ内容です。

 

子育てをしていても

子育てじゃなくても

「怒り」が湧き出てくることは誰にでもあるかと思います。

しかし

「怒り」の前の第一次感情を感じることを意識し

第一次感情を相手に伝え

自分がどうしたいのかを伝えることが

伝わりやすい伝え方だということを教えていただきました。

 

 

そんな訳で

受講した日から

第一次感情を感じることを意識しています。

子どもたちに対してだけでなく

夫に対しても

もぉぉぉっ!!

と思うことがあったとき

ん?

と立ち止まり冷静に自分の感情を探っています。

もちろん

毎回毎回そんなに冷静にできるわけではないので

怒り爆発後に

一人の時間を作るなどして

事後にかみ砕いていることもあります。

 

わたしが感じている第一感情は

「心配」「怖い」「嫉妬」

が多いなぁという印象です。

 

そして怒っている口調や表情でも

「心配してるの!」

「ずるいよ!」

「悲しかった!!」

と第一次感情を伝えることで

子どもたちも夫もハッとして

そうだったんだ・・・

と素直に受け止めてくれます。

わたし自身も第一次感情を伝え

受け止めてもらうことですっきりし

気持ちの切り替えが早くなったように思います。

 

ちなみにですが

出産予定日当日の天王山登山。

最初は

俺たちで行ってくるから~

と夫と子どもたちのみで行くと言われました。

最初は出産予定日に登山に行くなんて!!

もし陣痛が始まって連絡がつかなかったら!!

すぐが間に合わなかったら!!

と「怒り」が沸いてきたのです。

 

落ち着いて考えたところ

わたしだけ仲間外れなんて寂しい~

という感情にたどり着き

結局家族全員で行くことにしました(笑)

 

夫は

いざ下山するとなったときに初めて

ここで何かあったらどうする!?

とかなり心配になり

担いでいくぐらいの勢いでした(気づくのが遅いような・・・)

 

登っている最中

わたしも正直

無謀だったかな~

と後悔しなかった訳ではないですが

でも同行してよかったです。

 

今日も第一次感情に向き合います。

予定は未定

陣痛はどうすれば来ますか?(笑)

 

 

出産予定日を超過しましたが

まだ妊婦のままでおります。

 

約1週間前の妊婦検診にて

予定日前後には生まれるかもね~

なんて言われていたもので

しかも前駆陣痛もほとんど毎日あったもので

この1週間ほど毎日ドキドキしていました。

 

1人目は予定日2週間超過

2人目は予定日5日超過

 

なので

予定日とはあってないようなもの

と言い聞かせているのですが

どうしても落ち着かないです。

 

何より

もうそろそろだね!

まだ生まれてないの?

と期待を寄せた声

早い方が良いという風潮

ものすごくプレッシャーに感じます。

 

 

先週より

育休(正式には予定日前1週間は出産のための特別休暇だそうです)取得している夫

健診後2日ほどはドキドキしていたようですが

結局生まれなさそうじゃん~

ここぞとばかりにあれこれ予定を詰め込んでいます(^^;

予定といっても

新居に向けた手続き関連のことが中心なのですが。

予定日当日はさすがに何も予定はいれていませんでしたが

翌日には

知人の会社の野球部の試合の助っ人に行ったり・・・

どうなの?

緊張感なさすぎる!

とも思いますが

そんなプレッシャーがない姿に逆に救われます。

 

出産予定日は何も予定を入れていなかった訳ですが

その数日前からなぜか長女が

山登りしたい

とつぶやいており

当日朝も主張。

夫もなぜか乗り気。

 

結局

わたしも一緒に家族4人で天王山に登りました。

さすがにわたしは中腹あたりの広場で待機していましたが。

無謀かな

と思いましたが

産前に良い思い出ができて楽しかったです。