重ね煮アカデミー

こんにちは。

namipu3です。

 

 

この度、

重ね煮アカデミー小田原教室 菜の花

のオンライン養生科を受講することに決めました。

 

 

重ね煮健康料理とは、、

陰陽の食材を切って重ねて水を入れて火にかけるだけで

中庸=陰陽のバランスのとれた料理を指します。

(体験会でお教えいただいたことをわたしなりにまとめたので

正しくは『重ね煮アカデミー』で検索して

おしりください)

 

人間の身体は「中庸」の状態が一番健康なのだそう。

 

 

重ね煮アカデミー代表  田島 恵さんを中心に

認定師範の資格を取得された方々が

「台所は薬箱」

をモットーにママに広めようと活動されています。

その中でわたしが受講するのは

アトピーはおうちごはんで改善できる!」

と謳っておられる譲原 聖子さんのオンライン養生科です。

 

実は10月に出産した2か月になる次女は

生後間もないころから手首・足首がかさついているようでした。

そして乳児湿疹の多さ

治ってはまた出来るの繰り返し

これも生後すぐからの便秘(3日に1回が当たり前)

 

どれも長女・長男のときには経験しなかったことです。

手首・足首のかさつきは保湿剤を塗ると改善しましたが

顔に出る湿疹や乾燥はその日その時で変化が大きく

赤ちゃんならではのツルツルのお肌であることが少ないのです。

 

わたし自身もアトピー性皮膚炎。

今でこそあってないようなもののようですが

季節によってはかゆくなりなかなか治らないこともよくあります。

花粉症でもあります。

夫も

花粉症、かに・ピーマンアレルギー、喘息・・・

と夫婦そろってのアレルギー体質。

次女にアトピーの症状が出ても全く不思議ではないのです。

 

重ね煮アカデミーそのものは

数年前からメルマガ登録をして「なんちゃって重ね煮」に挑戦していました。

 

次女の様子に

これはやはり学んだ方が良いな

と思い

先日、譲原さんのオンライン体験会に参加しました。

譲原さんもご自身のアレルギー体質

そしてお子さんのアトピー症状に悩んでおられていたそうですが

重ね煮を取り入れることで

大きく改善しておられるのです。

 

自分と同じように悩むお母さんの助けになりたい

重ね煮が当たり前の世の中にしたい

 

そんな熱い思いをもっておられる譲原さんのお話を聞いて

今こそ受講するタイミングなのでは

と感じました。

 

また

重ね煮は油や砂糖は最小限にしか利用しません。

お菓子や外食ともうまく付き合える身体の声が自然と聞けるようになる

という点もわたしにとっては魅力的でした。

 

長男は

生後数か月から鼻水がずっと出ていて

副鼻腔炎であることが常。

今でこそ季節の変わり目にしか鼻水は出ませんが

基本的に鼻水が詰まっているようです。

そんな彼はお菓子や菓子パンが大大大好き!

「だめ!」

と言おうものなら

逆に何が何でも食べようとします(^^;

わたしも出来れば禁止にはしたくない!

 

それが自然とうまく付き合えるようになるならば!!

 

自然と

というところがポイントです。

 

そんな訳で

2月より

重ね煮アカデミー 小田原教室菜の花

オンライン養生科の受講を決めたのでした。

ご興味ある方は

「重ね煮アカデミー」

で検索してみてください。

ニーズにあった重ね煮教室を開いておられる認定師範の方がおられます。

Facebookやインスタグラムでも

体験会などの募集をしておられますよ!

megu-kasaneni.com

nanohana-seico.com